​Behavior Ploblems

​犬の問題行動

ご相談の多い問題行動

無駄吠え

噛みつき  

甘噛み  

トイレを覚えない

食糞

飛びつき

物を破壊する 

他犬への攻撃

拾い食い

引っ張り

分離不安

​呼んでもこない

マーキング癖

落ち着きがない

乗り物を追いかける

マウンティング

過剰な所有欲

​臆病

唸る

​他犬と仲良くできない

捕食行動

常同行動

影追い

    などなど…

 「犬の問題行動」とは、飼い主様とその犬とが一緒に暮らす上で飼い主様やその周囲の人にとって迷惑と感じる犬の行動のことをいいます。

 例えば、飛びつき。これは、犬好きな人にとっては好意的に感じますが、犬嫌いな人にとっては迷惑(恐怖)に感じてしまいます。しかし、一方で犬好きな人であっても大型犬の飛びつきは迷惑に感じる人もいます。

​ このように、人それぞれで問題と感じる犬の行動は違うのです。

犬の問題行動への対処方法

 吠えやいたずらに効果的といって、よくテレビなどで紹介されている対処法で有名なのが「ガウ缶」です。ガウ缶とは、空き缶やペットボトルにコイン等を入れたもののことで、それを投げることによって問題行動をやめさせようというものです。

しかしこのガウ缶、最初は効果があっても繰り返し投げるうちに効果が見られなくなることがほとんどです。それは、なぜなんでしょうか。図にしてみます。

【効果があった時】

​吠える

​⇓ ​ガウ缶が投げられる

​ビックリする

​⇓

​吠えない

 ガウ缶を使い始めた最初は、ガウ缶が投げられることによって生じる音で、吠えている犬はビックリして吠えなくなります。

【効果がない時】

​吠える

​⇓ ​ガウ缶が投げられる

​ビックリしない

​⇓

​吠える続ける

 ガウ缶を投げ続けるとその音に慣れてしまい、吠えている犬はビックリしなくなります。その結果、ガウ缶は効果がなくなってしまうのです。最初からガウ缶の効果がない犬は、その音に対し最初から全くビックリしていないと考えられます。

​ また、ガウ缶では正しい行動は教えることが出来ず、他の問題行動や恐怖の具合によってはトラウマになる可能性もあります。

​ONE'S COOLの問題行動への対処方法

 ONE'S COOLでは、犬の問題行動改善を行う為にまずは行動の原因を探すところから始めます。その原因を探す方法がカウンセリングです。

 犬の問題行動は飼い主側場合がほとんどです。飼い主様やその周囲の人が良いと思って日常行っている行動や何気なくしている行動が、愛犬の勘違いを生み、人と犬との認識のずれによって飼い主様に問題行動として認識される。つまり、飼い主様の日常生活に問題行動改善のヒントがあるのです。

 なぜ吠えるのか、なぜ噛むのか、なぜ引っ張るのか…原因と対策を飼い主様と一緒に考えていきます。

​「飼主の行動を変えることで、犬の行動を変える。

 飼い主様の数だけ問題行動の原因はある。飼い主様を指導することで、愛犬の行動を変えていく、それが、ONE'S COOLの犬の問題行動への対処法です。